マネックス証券に無料資料請求をして資産運用の第一歩を踏み出す
簡単なアンケートに答えるだけでおこづかい稼ぎができるYahoo!リサーチモニターライトに登録する
◆通信料金を払いすぎていませんか?価格.comブロードバンドでアクセスプロバイダ比較
世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中!!

2006年04月10日

お引っ越し

・・・と、言ってもこのブログでもオレ自身でもありません。

会社の(というか、系列店の)お引っ越し作業中です。

どこかに書いたような気もしますがいちおう念を押しておくと、オレは某地方新古書店の店長をやってます。

店長って柄じゃないんですけどね(汗

で、系列店のうちの1店舗がお引っ越しをします。

これがかなりたいへんです。

もともと急に決まった話。

ありえないくらい急でした。

で、このお引っ越しも急ピッチで行なわなければならないハメになっています。

他店のこととはいえ知らない仲ではありませんので手伝いに刈り出されているわけですが、12時間勤務休みナシってどういうこと?って感じです。

まぁそれは良いとして。

これからやらなければならない作業を考えると、ちょっと頭が痛いです。

ほとんどの作業を自分たちでやらなければならないのにまったく段取りがされてませんので作業を手伝いに行ってもなにをしてよいやら(苦笑

とりあえず肉体労働ばかりをやって体が痛いです(笑

学生のときに自分の部屋の引っ越しをしたときにも思いましたが、本は意外と重いですね。

仕事でそれはよくわかってるつもりだったのですが、ダンボール箱に入れると重さが半端ではなくなります。

やっぱり自分の部屋の本も片付けないとマズいなぁ、などと思いながら作業をしていました。

たぶん床が傾いているのではと(笑

木造建築に住んでいらっしゃる方は気をつけたほうがいいですよ〜

実際に床が何センチか沈んでるのを、本の出張買取で伺ったお宅で見たことがありますので。

本をすべて部屋から出すと、沈んでる床の部分だけ壁の色が違ってました。

オレはどれだけコンピュータが進歩しようとも本はなくならないと思っていますが、どんなに欲しくとも買い過ぎないように注意しないと床が抜けることもあります。

適度に処分しましょう(笑
posted by xiu at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログる? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。