マネックス証券に無料資料請求をして資産運用の第一歩を踏み出す
簡単なアンケートに答えるだけでおこづかい稼ぎができるYahoo!リサーチモニターライトに登録する
◆通信料金を払いすぎていませんか?価格.comブロードバンドでアクセスプロバイダ比較
世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中!!

2006年04月29日

やっと一段落

かなりたいへんだったお引っ越しもようやく一段落となり、新規店は今日から営業(のはず)です。

本当にたいへんでした(涙

・・・とはいうものの、昨日の段階でもまだきちんと片付いていなかったようですが(汗

今回ほど「段取り」の重要さを強く感じたことはなかったです。

段取りってのはけっきょく、想像力と構成力との組み合わせなんだろうと思ってるのですが、段取りできるためには、どういう仕事があってどのくらいの労力と時間がかかるのかがあらかじめ頭に入っていなければならないんですね。

あまり緻密に計画しすぎてもうまくはいかないことが多いですが、かといって細部についてある程度詰まっていなければ事も運ばない。

このあたりのバランス感覚も重要です。

で、とくに時間がないときほどこうした段取りが重要になってくるように思います。

なぜかといいますと、すべての仕事量がだいたいにおいて頭に入っていて、その仕事量をこなすのに十分な時間が与えられていないならば、それぞれの仕事に優先順位をつけて重要なものから片付けるようにしなければならないからです。

どんなに余裕をもっていても、突発的な事態は必ず起こるために余裕がなくなりがちです。

ということは、最低いつまでにどこまでできていないとならないのか考えた上で、そこへ向けて優先順位の高い仕事から片付けねばならない、ということになります。

ですから、その流れを妨げないように準備をするのが段取りをするということに他なりません。

今回のお引っ越しにおいては、すべてがグタグタでした。

片付けられるべきものが後回しにされ、準備段階での間違いが予定変更を余儀なくされ、できた流れが差し戻される。

これでは間に合わなくてあたりまえです。

今回、新規オープンまでの日数が短く、内装その他の都合から考えると当初から無理の多い計画でした。

ですから、ハナからオープン後に辻褄を合わせねばならないだろうと同僚と話していました。

とにかく、オープンしたときに店としての体裁さえ整えられればまずはおっケーだろう、と。

そこから考えると優先順位は決まってきます。

とりあえずの什器設置と、そこへの商品陳列。

それで限界だったはず・・・なのですが、実際にその店舗の店長たちはそう考えていなかったようです。

本日開店。

間に合ったのかどうか、オレにはわかりません。

少なくとも昨日の段階では間に合いそうになかったのですから。

おそらく近日中にその結果はわかると思いますが、正直もうちょっと段取りをきちんとして欲しかったですね。
posted by xiu at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログる? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17188589

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。