マネックス証券に無料資料請求をして資産運用の第一歩を踏み出す
簡単なアンケートに答えるだけでおこづかい稼ぎができるYahoo!リサーチモニターライトに登録する
◆通信料金を払いすぎていませんか?価格.comブロードバンドでアクセスプロバイダ比較
世界標準のブログソフトウェア「Movable Type」発売中!!

2006年05月03日

Excelでの時間計算はたいへん

Excel VBA上で時間計算するのは意外とめんどうですね。

シリアル値をうまく使えばもっと単純なのかもしれませんが・・・

非常にややこしいです。

もっと簡単にできないものかと、いろいろ模索中ではありますが。

まぁ、やらせてる計算そのものが、ものすごく煩雑な計算をさせてるからよけいにそうなのかもしれません。

1周期25時間のものを、どうやったらExcel上でうまく表示できるか。

これをいまやっています。

簡単にやるなら、起点となる日時からの経過時間を25で割ってやればいいわけですが。

それだけにとどまらず、この周期の開始時間からの経過時間を分で知りたかったりとか、そういうことをやってるとけっこうめんどくさいです。

こうした日付や時刻のExcelでの取り扱い方をあまりよく知らずにやっている、ということがいちばんの問題かもしれません(笑

シリアル値なんてものもそう。

シリアル値をうまく使えばうまくできるかも、などと思ったりはするものの、これがよくわからない。

そこでいろいろWebのリソースを見てみるわけです。

で、ますますわからなくなった、と。

そもそも、ワークシート関数での扱いは出ていることが多いのに、VBAで出ているところが少ないです。

え? VBAでワークシート関数を使え?

それじゃVBAじゃない(笑

なので、もうちょっとがんばってみます。

あー、全然頭が回らない・・・

追伸。

簡単にできました(汗

もともとの変数の指定の仕方が悪かったらしく、わざわざめんどうな方法を取っていた模様。

なんのことはない、変数をDate型にしとけばそれほど難しくなく。

あと、日付と時刻を同時指定する方法もようやく理解しました。

いやはや、ちゃんと調べてからやらなきゃ時間の無駄ですね・・・

この3日の労力はいったい(涙
posted by xiu at 17:21| Comment(0) | TrackBack(0) | VB/VBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17344287

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。